先輩社員紹介

true

デイリーポート新鮮館 佐沼店 鮮魚部門

山田 魁人(27歳)

出身:東北学院大学  経営学部 経営学科 卒年収:非公開

  • これが私の仕事

    鮮魚部門のマネージャーとして、店舗での「ヒト・モノ・カネ」の管理を担当

    お客様に安心してお買い物をしていただける売場作りと、売上や利益などの数値管理、人材育成が仕事です。鮮魚部門全体では、仕入をした商品の加工・製造・陳列や、売場の清掃・試食販売などをして、お客様が気持ち良くお買い物できる売場を作ることが作業内容です。マネージャーとしての私の仕事は、日々の売場の計画を作成し、商品の製造を、部下の社員やパートさんに指示を出して実行すること。また、売場に並ぶ商品の品質をチェックし、値段や商品自体について、高いクオリティを維持すること。そして、お客様の信頼を得た上で、売上を伸ばし、利益を獲得することです。決して簡単にはいかない仕事で苦心していますが、それだけにやりがいも感じています。

  • だからこの仕事が好き! 一番うれしかったエピソード

    お客様からの声が一番の原動力!

    売場に立っていると、お客様から声をかけられる機会が多くあります。その内容は、魚の食べ方を聞くものであったり、調理の依頼や、天気や気温についての雑談なんかもあります。そういったコミュニケーションの中で、「この間の魚美味しかったよ」「今日はこれ試してみる」などの言葉を聞く度に、お客様の日常の生活に貢献できていることが感じられ、「明日はこんな売場にしてみよう」「これをもっとオススメしてみよう」と、自分自身も、わくわくしながら仕事に取り組むことができます。お客様が体験して喜んで貰えるコトを目標にすることが、自分たちにとっての喜び・やりがいに繋がる仕事です。

  • 私がこの会社を選んだ理由

    社会への貢献を、多く感じられる環境で働きたかったから

    就職活動の際に私が大切にしていたことは、「これからの人生の、とても長い時間を仕事と付き合うことになるのだから、最大限、自分が楽しめる仕事をしたい」ということでした。私は学生時代から、皆で何かを達成しようとする時に、自分が何か貢献した実感を、とても嬉しく感じるタイプでした。その点、食品スーパーは、お客様の暮らしへの貢献を、直接現場で感じることができます。そしてマルニは、これから更に成長していこうという気概のある中小企業です。入社後は社長と話ができる機会も多く、自分が組織の中で意味を持って働いているという感覚は、絶えず続いています。この感覚は、大手企業で働くよりも実感しやすいと思っています。

これまでのキャリア入社後店舗配属・鮮魚部門担当者(1年半)→鮮魚アシスタントマネージャー(半年)→鮮魚マネージャー(現職・今年で3年目)

先輩からの就職活動アドバイス!

「世の中に楽な仕事はない」とよく言いますが、その通りだと思います。私が皆さんに大切にしてほしいことは、「どんな職業であっても、受け身でやる仕事はつまらない」ということです。生きていくためには働かなければなりません。定年まで勤めればとても長い期間です。職種・企業選びに大いに悩む時期だと思いますが、自分がその環境でどのように働くのか、どのように育っていけるのかという要素も、一つの大事な視点だと思います。焦らず、頑張ってください。

プレエントリー・説明会予約はこちら

プレエントリー

他の先輩社員を見る

  • スーパーの惣菜部門。商品の製造・陳列と今は販売計画作成をトレーニング中

    true

    デイリーポート新鮮館気仙沼店惣菜

    高橋 香愛(24歳)
    東北学院大学  経済学部経済学科 卒
  • スーパーマーケットのグロサリー部門での商品の陳列・売場づくり・発注など

    true

    デイリーポート新鮮館気仙沼店店内

    杉原 詩織(21歳)
    仙台デザイン専門学校  グラフィックデザイン科 卒
連絡先:
株式会社 マルニ
〒988-0066
宮城県気仙沼市東新城3-5-2
TEL(0226)24-2373(代表)
担当:人財資源開発室 伊藤